Cantata Nupcial

01.Himno


Este himno sale de una banda sonora que terminaba en boda. Podéis escuchar el original en la pista de cierre aquí.


La partitura: 





 PDF Himno






Por voces:

Soprano



 Alto 1



 Alto 2




Tenor



Barítono



Bajo



El texto:

Lauter, lauter, lauter
Laut Verkünde unsre Freude

Froher Instrumentenschall
Jedes Freundes Herz empfinde
Dieser Berge Widerhall

Denn wir weihen diese Staette
Heut zu' unserm Tempel ein
Und die goldne Liebeskette
Durch den echten Herz vereint 

Traducción:

Más fuerte, más fuerte,
Canta fuerte nuestro júbilo
con el alegre sonido de los instrumentos
El corazón de cada amigo siente
la respuesta en estas montañas

Consagremos este lugar
para que hoy sea nuestro templo
y que los dorados lazos del amor
se unan gracias al verdadero corazón.




El texto parece ser de Oskar Schikaneder, letrista de La Flauta Mágica y compañero masón de Mozart. Entre los dos escribieron la siguiente obra para consagrar un templo masónico.

La letra encajaba muy bien y es prácticamente la misma, con un pequeño cambio de orden y un par de palabras para que "los hermanos" y "la hermandad" pasen a ser "los amigos" y "el amor". Quitando eso, la pronunciación se puede escuchar bastante bien.







Como curiosidad, escribí otra versión religiosa de la misma en inglés, con letra de Alberto Manzano y Kerry Ray.


02. Interludio: Light, Shadow, Darkness, Light






>

03. Celebración: Exsultate Joyful




黄色いおもちゃ

取りあえず、次のビデオを見て下さい。

http://youtu.be/YkFNdDg5pWg

赤ちゃんの時の私のおもちゃでした。私の一番知っている歌がそれです。つまり、私の子供の時の歌です。 長い時たって、おもちゃは忘れてきたけど、その歌はいつまでも心に刻みつけています。

20歳になった時、日本の映画監督「黒澤明」が死んで、初めてスペインで全ての黒澤の映画が映画館で上映(じょうえい)されました。 その結果、ある日、「のら犬」という黒澤監督の映画を見えました。映画の終わりを見て下さい。 (17分00秒から)

http://www.gooddrama.net/japanese-movie/nora-inu-1950/1-6

 なぜ古い日本映画に(= 邦画 ほうが)私の歌がありましたか。残念ながら、おもちゃが昔からもうありませんでした。 しかも、その時にインターネットまだありませんでしたし、日本語も分かりませんでした。

 6年あとヒントが現われました。日本語を勉強始めましたから、私の教師にその歌を聞きました。 「もちろん。。「蝶々」という古い小学校歌です」といいました。2004年だったから、もうインターネットで探すことできました。この会話を見つけました。

A: この間、中国の学校へ行きました。
B: どこへ。どうしたのか。
A: 北京。面白かった。 どこでも学生はみんな僕たちに日本の歌が歌った。
B: 本当か.何という歌?
A: 「蝶々」という昔の歌を覚えているのか。中国語で歌ったものだよ。
B: その歌が中国の歌?。びっくり! 韓国へ旅行に行った時、みんなにその歌を歌われた。
A: 韓国語で?
B: もちろん
A: ふしぎだね!。スペインの歌だと思ったのに!

 中国の歌ですか。韓国ですか。スペインですか。スペインに歌を知っているがいません。 その時、答は見つけませんでした。それはまだ謎(なぞ)です。

今年えんげきの音楽家の友だちが入場券をくれました。そのえんげきの途中、なにが聞けましたか。そうです

 http://www.youtube.com/watch?v=b7EaSQFsQQE

 ドイツ。もとはドイツです。えんげきのあとですっと友達に聞いて、「Hänschen klein」だと答えてくれました。 この時には、インターネットも歌の題名(だいめい = título) も持っていて、実の物語は見つけました。聞いて下さい。

 こちらは日本の明治時代の音楽の教師伊沢修二「いさわしゅうじ」です。 その時は日本全国の近代化のために欧州文化を複写しようと思っていました。 実業の方や大学の学風を複写しました。もちろん、小学や欧州の音楽も複写しました。
 [IMG]
 伊沢は子供に教えるために欧州音楽をドイツへ勉強しに行きました。そこで「Hänschen Klein」という子供の歌を知りました (覚えました ??)。

[IMG]
 この本の中に日本人が一番知っている欧州の歌がありました。 百年間でみんなの日本の子供は「Hänschen Klein」のメロディーをならいました。
 [IMG]
中国と韓国の併合の時代 中国と韓国の子供が日本の文教を勉強していきました。 第二次世界たいせんぞうが終わったあとで、日本人は出ましたが、その歌はその国でまだ教えています。
[IMG]
この発表の書いている時、元の楽譜を見つけました。伊澤の本からです。 その楽譜の上に伊沢のよるとスペイン民謡です。 だから今日は日本にみんながスペインの歌だと思っているわけです。

 なぜ伊沢がこれをかきましたか、知りません。まだなぞです。

Misa para un coro con pocos hombres (Misa 3+1)

¿Harto de no encontrar suficientes hombres para su coro? ¿De obras escritas para tenores agudos que nadie tiene y de tener a cientos de mujeres tapando a los pocos barítonos que hay?

Para todo hay solución. Aquí una misa para un coro de pocos hombres y muchas mujeres: una voz de barítono y tres de mujeres.


(Hay un programa para separar las voces de los archivos MIDI, pincha aquí)





BSO La Ruleta del Pasado

Un proyecto de teatro en dos actos, a ver si averiguáis cómo se desarrolla el argumento sin daros ninguna pista. Orquesta de cuerdas, celesta (lo que suena a cajita de música) y dos pianos, cada uno se escucha por un lado, así que mejor si tenéis estéreo.

1. Obertura
Versión previa, modo"aventura"
Versión más "cine negro", posiblemente elija esta
2. Entreacto
Versión provisional
3. Final A lo Ryuchi Sakamoto:

BSO Miserere

Escena de la Matanza
Versión 1.0, en plan Heavy


Versión 2.0, a lo Chemical Brothers



Escena del Miserere
 

Títulos de crédito
Versión 1.0, una maqueta grabada con mi voz

La embajada - BSO

Banda sonora para el grupo de teatro Jaleo (a ver si acutalizáis la web) que estrenará esta producción propia en el Círculo Catalán de Madrid (en Plaza España) el 26 de Noviembre de 2011. A 30 de Mayo no hay escrita una sola nota. Iré colgando las primeras versiones.